看護師が仕事と育児を両立するには

看護師の仕事は、土日関係ない変則的なシフト制であるケースが多いです。また、夜勤もあるので、育児と仕事を両立するのは難しくなりがちです。

そんなママさんナースが育児と仕事を両立させるために検討しておきたい方法が、転職です。
例えばクリニックや介護施設などの場合、看護師が夜勤をしなくても良いところが多く、勤務時間も調整してくれるので、子育てを主体とした働き方を見つけやすくなっています。夜勤が必要なところでも病院と比較すると回数が少なくなっているので、できる限り夜勤を避けたいというママにおすすめです。
ちなみにクリニックや介護施設は場所によっては残業も避けられるので、その点を確認しながら転職を検討してみると良いでしょう。

他にも育児と仕事を両立させる方法としては、職場の子育て支援のサービスや制度を利用するというものもあります。
医療機関でも子育てをしながら仕事をする女性が増えてきたため、施設内に保育所を併設しているところや、時短勤務に対応しているところも多くみられます。これらの制度やサービスを利用することで仕事に支障をきたさないように育児ができるようになるので、職場にこれらの制度やサービスがあれば活用してみるのも一つの手です。

このように、一般的には育児と仕事の両立が難しいとされている看護師の職場環境も、少しずつ両立しやすいように変化してきています。そのため、看護師として働くママが職場を選ぶ際の一つのポイントとして重要視されてきています。